赤ちゃんでも大丈夫?

天然水ができるまで
Home » 天然水ができるまで » 赤ちゃんでも大丈夫?
天然水ができるまで | 09月26日更新

赤ちゃんでも大丈夫?

赤ちゃんでも大丈夫?

生まれたばかりの赤ちゃんは、ミルクや母乳だけで成長していきます。
まだ内臓が未発達なので、大人のような食事をすることができません。
母乳の場合はそのまま飲ませてあげればいいので問題ありませんが、ミルクを作るときに天然水を使用しても大丈夫なのでしょうか。

日本のメーカーで出している天然水は、軟水が多いので基本的には問題ありません。
水には硬水、軟水があり、水の中に含まれているカルシウムとマグネシウムの含有量によって分けられているのです。
日本の水はカルシウムとマグネシウムの含有量が低い軟水が多いため、硬水のように赤ちゃんの胃腸に負担をかけることなく飲ませる事ができます。
そして、水道水のようにカルキや塩素のような殺菌効果のある薬品も入っていないため、より安心して使うことができると言えます。

しかし、ここで注意しなくてはいけないのが、安全だからと言ってそのまま飲ませる事はしない方が良いでしょう。
赤ちゃんには白湯の状態で水を飲ませてあげるのがベストだと言われています。
そのままの状態では冷たいため、胃腸に刺激を与えてしまうことに。
天然水を一度加熱する事で、より安心して飲ませてあげる事ができます。
念には念をという意味でも、一度沸騰させてからそれをある程度まで冷ましたものを使うことをおすすめします。

避けたい使用方法としては白湯でミルクを作り、それを少し冷やすためにそのままの天然水を入れてしまうという事。
すぐに体に害を及ぼすという事はありませんが、できれば避けたい使用方法だと言えます。

そして、天然水を沸騰させたものを作り置きすることもやめましょう。
天然水は蓋を開けたら早めに飲み切らなくてはなりません。
沸騰させることで、菌もより繁殖しやすくなってしまいます。
できればその都度使い切り、あるいはその日のうちに使って、使い切れなかった分は処分した方が良いでしょう。
天然水は赤ちゃんにも安全な水ですが、使い方にはくれぐれも注意が必要です。

The following two tabs change content below.

天然水ができるまで事務局

普段みなさんが飲まれている水について、少し考えてみましょう。天然水はどのようにして、できていると思いますか?こちらでは、主に天然水ができるまでについての内容を紹介します。

最新記事 by 天然水ができるまで事務局 (全て見る)