天然水の種類

天然水ができるまで
Home » 天然水ができるまで » 天然水の種類
天然水ができるまで | 10月02日更新

天然水の種類

天然水の種類

今、水道水の塩素やカルキ臭などを気にして、飲み水や料理に使う水を天然水に切り替える人が増えています。
ただ単に日常で使う水としてだけでなく、震災時の断水などの経験を踏まえて、家庭での備蓄用としてペットボトルの天然水を用意する人も増えてきました。
2011年から国内の天然水の需要は高まってきており、家庭でウォーターサーバーを設置しているところも増えてきました。

それだけ水への関心度が高まっているといえますが、ここで天然水にももう少しこだわりを持ってみてはいかがでしょうか。
天然水には種類があり、「ミネラルウォーター」「ナチュラルミネラルウォーター」「ナチュラルウォーター」の3つがあり、その他の水道水などは「ボトルドウォーター」になります。

ミネラルウォーターは地下水などの天然の水が使われていて、化学処理を行ってミネラル分を調整している水です。
オゾン殺菌や紫外線殺菌などの処理が行われるのが一般的で、ミネラルを全て取り除いてから新たにミネラルを注入するといった事も行う場合があります。
自然の水ではなく、人工的に作られた水ではありますが、美味しさを追求して作られていたり、栄養バランスを考えて作られていたりするので、健康的な水であると言えます。

ナチュラルミネラルウォーターが一番天然水に近い水です。
地下水などから採水した水を、ろ過して沈殿による処理を施し、加熱殺菌して安全に飲めるようにしたもので、天然のミネラルがそのままになっている状態の水となっています。
厳しい水質管理や成分基準が定められており、高度な技術や環境により作業されるため、安全に飲むことができている天然水であると言えます。
自然の味を味わうのならば、ナチュラルミネラルウォーターがおすすめです。

ナチュラルウォーターにはミネラルがあまり含まれていないだけで、ナチュラルミネラルウォーターと同じ工程で殺菌除去等が行われます。
天然水をお子さんに飲ませたいという方は、胃腸に負担のかけるミネラルが少ないナチュラルウォーターが適していると言えるでしょう。

The following two tabs change content below.

天然水ができるまで事務局

普段みなさんが飲まれている水について、少し考えてみましょう。天然水はどのようにして、できていると思いますか?こちらでは、主に天然水ができるまでについての内容を紹介します。

最新記事 by 天然水ができるまで事務局 (全て見る)