天然水とは何でしょう?

天然水ができるまで
Home » 天然水ができるまで » 天然水とは何でしょう?
天然水ができるまで | 08月23日更新

天然水とは何でしょう?

天然水とは何でしょう?

天然水について一番間違われやすいのは、ミネラルウォーターと同じものだと思われている点です。
実際に「天然水」という名前が付いて販売されているミネラルウォーターも多くありますが、実はミネラルウォーターと天然水にはちゃんとした違いが存在します。
もちろん、ミネラルウォーターも天然の水を使って作られているものが殆どですが、殺菌等に関しての工程が天然水とは少し異なる点があるのです。
天然水はナチュラルウォーターとも呼ばれており、高度な技術を駆使して、できるだけ自然なままで飲めるようにした水を指します。

通常、ミネラルウォーターは天然水を安全に飲めるようにろ過や沈殿などを行い、加熱殺菌したものに、さらにミネラルを増やしたり減らしたりといった科学処理を施したものを言うのです。
ミネラルウォーターに関しては、どこまでの加工を認めるといった定義が無いため、どのようにでも美味しく飲めるような加工をすることができます。

その点、天然水はろ過や沈殿、加熱殺菌のみの工程であることが天然水の定義となっているため、飲料水のなかでは最も自然に近い状態の水であるという事が言えます。
なので、色々な地域で天然水はありますが、味の違いを楽しむことができるのも天然水ならではと言えます。

天然水には余計な加工は一切許されていないので、地域ごとの差として、自然に溶け込んだミネラルがたっぷり含まれているものあれば、逆にほとんどミネラルが含まれていないといったものもあります。
地中のフィルターから自然の力でできた水であり、ミネラルウォーターは美味しく健康的に飲めるように加工されている天然水という事になるのです。

そして、天然水でもミネラルウォーターとして販売されている事は実際にあるので、興味のある方はメーカーへ問い合わせて調べてみるのもいいかもしれません。
ミネラルウォーターと天然水の双方ともに、国の基準で検査された安全に飲むことができる水であることには変わりありません。

The following two tabs change content below.

天然水ができるまで事務局

普段みなさんが飲まれている水について、少し考えてみましょう。天然水はどのようにして、できていると思いますか?こちらでは、主に天然水ができるまでについての内容を紹介します。

最新記事 by 天然水ができるまで事務局 (全て見る)