天然水ができるまで

天然水

天然水ができるまで | 10月09日更新

硬度で飲み比べる

硬度で飲み比べる

日本のメーカーが販売している天然水は、ほとんどが水道水と同じ軟水です。
軟水とは、1リットルあたりの水の中に含まれているミネラル成分(カルシウムとマグネシウム)の含有量が、60mgまでのものを言います。
120mgは軟水と硬水の分かれ目ですが、日本の天然水に関しては、ほとんどが60mgに満たないものなので、赤ちゃんのミルクづくりにも使用する事ができるお水です。
それでは天然水、ナチュラルミネラルウォーターの硬度をいくつか挙げてみましょう。
(さらに…)

天然水ができるまで | 08月23日更新

天然水とは何でしょう?

天然水とは何でしょう?

天然水について一番間違われやすいのは、ミネラルウォーターと同じものだと思われている点です。
実際に「天然水」という名前が付いて販売されているミネラルウォーターも多くありますが、実はミネラルウォーターと天然水にはちゃんとした違いが存在します。
もちろん、ミネラルウォーターも天然の水を使って作られているものが殆どですが、殺菌等に関しての工程が天然水とは少し異なる点があるのです。
天然水はナチュラルウォーターとも呼ばれており、高度な技術を駆使して、できるだけ自然なままで飲めるようにした水を指します。
(さらに…)

天然水ができるまで | 08月05日更新

天然水のウォーターサーバー

天然水のウォーターサーバー

ウォーターサーバーは元々セルフサービスの飲食店などに設置してあり、次第に病院やオフィス向きのものの需要が高まり、今や一般家庭にまで広く利用されるようになっています。
メーカーからサーバーをレンタルして使用することが多く、専用の水の容器をセットするだけで、いつでも冷たくて美味しい天然水を飲む事ができます。
(さらに…)

天然水ができるまで | 08月05日更新

天然水ができるまで

天然水ができるまで

天然水とは、ミネラルウォーターと違って、自然に一番近い状態で飲むことができる天然の水です。
国の規定によりろ過、沈殿、加熱殺菌の工程以外は施してはいけない事になっているので、非常に高い技術と衛生環境を要します。
私たちが飲用している天然水ができるまでにはどのような過程を経ているのでしょうか。
(さらに…)