天然水ができるまで

硬度

天然水ができるまで | 10月09日更新

硬度で飲み比べる

硬度で飲み比べる

日本のメーカーが販売している天然水は、ほとんどが水道水と同じ軟水です。
軟水とは、1リットルあたりの水の中に含まれているミネラル成分(カルシウムとマグネシウム)の含有量が、60mgまでのものを言います。
120mgは軟水と硬水の分かれ目ですが、日本の天然水に関しては、ほとんどが60mgに満たないものなので、赤ちゃんのミルクづくりにも使用する事ができるお水です。
それでは天然水、ナチュラルミネラルウォーターの硬度をいくつか挙げてみましょう。
(さらに…)